建物探訪

こんにちは!設計の村山です。

急に秋が深まってきた今日この頃ですが、
夏休みの話です(^▽^;)

夏休み、長女が帰省してきた際に
地元茨城の様々な建物を
見学しながら、街歩きをしました。

建築を勉強中の長女は
大学の先生から
「色々な建物を実際、見ることが大事」だと
常々言われているそうで。
熱心に写真を撮りながら
見学していました。

brog-2017-10-04.jpg

先ずは、弘道館。
江戸時代の水戸藩の藩校です。
その当時としては、全国で一番面積が
広かったようです。
庭には様々な樹木が植えられていて、
とても良い雰囲気でした。
ちょうどサルスベリの花が満開でした。

brog-2017-10-02.jpg

次は、旧茨城県庁舎です。
昭和5年に竣工した建物です。
今は、三の丸支庁として使われています。
弘道館も旧県庁舎も東日本大震災で
被災したため、その後、耐震補強工事が
行われました。
弘道館には、その工事の様子も
展示されていました。

大正時代や昭和初期の建物は
洋風と和風の入り混じった
何ともアンバランスな感じが
個人的に好きです。
市松模様のタイルなんかも
レトロモダンで良いですね。

brog-2017-10-01.jpg

次は、水戸芸術館です。
これは、1990年に竣工した建物なので
一気に新しい感じです。
建築家の磯崎 新さんの設計です。
くねくねと曲がりながら空まで伸びているタワーが
有名です。
水戸には高い建物があまり無いので
遠くからでも目立ちます。
広場でこれを見て、一度驚きます。
中に入ると、吹抜けのあるホールに
パイプオルガンがあり、2度目の驚きです。

江戸~昭和~平成と一気に時代を
さかのぼってきましたが、
最後は番外編です。

brog-2017-10-03.jpg

水戸市水道低区配水塔と
木村屋さんというパン屋さん。

どちらも、レトロな外観に目を奪われました!
配水塔は平成11年まで実際に
使われていたそうです。
形も面白いですよね。
木村屋さんのほうは
正面のドアなどがリフォームされていて
ちょっとヨーロッパの街角の
小さなお店みたいな雰囲気が
良かったです。

長くなりましたが、あちこち移動して、
結局、この日は14,000歩ぐらい歩きました。
途中、カフェでケーキを食べたり、
楽しい時間を過ごせて良かったです。
次回は、冬休みに帰省してくるので
次はどこに行こうか楽しみです。






コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ふくやのふく子

Author:ふくやのふく子
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR